ANYBODY AVENUE by Cheryl Dunn

すごくすごく…ご無沙汰です。

そして告知!です。

2015年1月22日よりニューヨーク在住のドキュメンタリーフィルムメイカー/写真家、Cheryl Dunnの写真展/フィルム上映会「ANYBODY AVENUE」をおこなうことになりました。

僕が出版した本、「ア・ウェイ・オブ・ライフ~、に登場する唯一の女性です。よかったらそちらも見てね!(宣伝)

CHRYLE DUNN DM1CHRYLE DUNN DM

 

 

 

 

 

 

 

 

この本に出てくるような人たちに興味を持つきっかけとなった人物、アーロン・ローズとの出会いを思い出すと、実はCheryl Dunnが作ったドキュメンタリーフィルム「Back World for Words」というビデオがきっかけになっていることを思い出しました。

http://www.cheryldunn.net/categories/films-videos/series/35

90年後半、ロサンゼルスに住んでいた僕がニューヨークを訪れる機会があり、友人からMark Gonzalesがドイツの美術館の中をスケートしているビデオ作品があるんだぜ!しかもそれがアーロン・ローズがやっていたalleged gallrey から発売されるらしいぜ!と聞いていて。そりゃ欲しいぜVHS!となり、ニューヨークに到着すると、ホテルの部屋に置かれているイエローページという日本のタウンページのような分厚い電話帳を開き、アーロン・ローズのオフィスの電話番号を調べて電話をかけてみた。もちろん電話の応答すらなく…。それくらいであきらめられない僕は、電話帳に記載されている住所を訪れてみることに。ドアをノックするとアーロン・ローズが誰だ?といった顔つきでドアを開いた。ビデオが欲しい旨を伝えると、ちょうど届いたところなんだけれど、まだ売ることはできないんだよねと。VHSのテープが入った段ボールを指さした。そこに書いてあったのがCheryl Dunnという名前だった。

今のように簡単にインターネットで観られない昔話さ。

ムービー、スチル、彼女の作品に共通していることはどんな題材であろうと人間性やその美しさを写していて僕は好きだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

Cherylの自宅を訪れたときのオフショット。

今回のエキシビジョン「ANYBODY AVENUE」で上映するフィルム「EVERYBODY STREET」はニューヨークで活躍するストリートフォトグラファーたちにフォーカスしたドキュメンタリーフィルムは彼らが作り出す作品というより彼ら自身の生き方をとらえた映画で、僕が目指した本作りと似ているなと感じました。

余談ですが、Thomas Campbellが初めて16mm で撮影したSupremeのムービーはCherylのカメラを借りて撮った作品なんだぜ。彼に映画の撮り方を教えたのも彼女なのです。

ちょうどその作品を観たあとに、タイミングよく彼女からその上映会の相談を受けて、これまたタイミングよくTransit Crewの渡辺さんが中目黒に新しいスペースを作ったとの話を聞いて。今回のエキシビジョンの開催につながりました。

今回のエキシビジョンのタイトル「ANYBODY AVEUNE」はドキュメンタリーフィルムにつけようと考えていた名前だそうです。
「ア・ウェイ・オブ・ライフ〜」に登場した人たちを日本に招いて実際に作品に触れ、本人と会ってもらったり話してもらえる機会を少しづつ増やしていきたいと思っています。それを可能にしてくれたTransit Crew、協賛していただいたBEAMSには感謝です。

レセプションのお知らせ!こっちはインビ!

INVITATION reduced

 

 

 

 

 

 

 

 

初日には1月22日(木)にはCheryl Dunnを招いてオープニングレセプションをおこないます。その中で上映会の時間もあります。作品には日本語字幕を付けての上映です。約1時間半ある長編作品なので椅子に座ってゆっくり観てください。開催中のほかの日程で上映会をおこなうので都合のいい日に観にきてください。

http://everybodystreet.com

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.