Moshi-Moshi Goto…

サンフランシスコにはKen Gotoという男がいる。友達のアメリカ人が、遊びに行くと美味しいカレーライスを作ってくれる日本人がいるんだ。と何度も話していたのがKen Gotoだった。

僕はそのあと他の友達を通して彼と出会った。出会った頃はそれほどでもなかったけれど、年月を重ねるごとに貫禄が出てきたね。実は年下。俺さー、この前ハワイに行ったとき、日本人観光客の女の子におじさんライター貸してって言われちゃってさ、ショックだったよ。って、その時は20代だったのにね。サンフランシスコで泊まるところがないとソファーを寝床として貸してくれるし、起きるとお手製の朝ご飯まで作ってくれる。そんなヤツです。

Kenはサンフランシスコでスケートフォトグラファーとして活躍、近年ではファッションやポートレイトなどさまざまなジャンルで活動している。彼ほどアメリカのスケートシーンやそのカルチャーに精通している男はいないんじゃないかな。それの全てはKenの人柄だと思う。コワモテなのにピュアで人なつっこい。そのギャップが女の子にも人気(本人談)。なにしろ街をクルマで走ると3分に一回声をかけられるくらい知り合いが多い。たぶんサンフランシスコの街のほとんどのスケーターがKen Gotoを知っているし、信頼も厚いんだと思う。

自分の気持ちをストレートに伝えてくれるところが彼とつきあっていて気持ちがいいのだ。行動力もあって回転が速い。たまにつく嘘がこれまたへたくそで。ニヤニヤしちゃって、この顔でブリッ子するんだぜ。いろんな計算できないというか、そういうことをするのが面倒なんだと思う。相手が誰であろうと自分の意見をはっきりと伝えられる数少ない日本人だ。

これからこの男と出会う人、いきなりタメ口で話しかけられても気にしないで。それがKen Gotoらしさだから。

なんかだんだん親近感わいてきたでしょ?写真を撮られてもいつでもきまってるんだよね。

そうそう、地元のニュースに出ちゃったんだよねって、YouTubeのリンクが送られてきたんだけれど、こういうときでもKenにはブレがない。

なんてチャーミングな男なんだろう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.