hand made

数年前からトラックバイクと呼ばれる自転車に乗っています。僕の自転車は競輪選手のおさがり。譲り受けてからパーツを好みのものに変えたりフレームを再塗装したりして乗っています。競輪のレースに勝つために作られた自転車は余分なものは一切なく、細くて繊細なフレームなどその機能美がとても気に入っています。

チェーンをかえしてタイヤと直結したクランクは空転せず、ペダルの回転を足で調整しながらスピードコントロールする楽しさがトラックバイクに乗る魅力。なんだか街中をスケートボードで駆け抜ける感覚に似ているのです。スケートボードと違う楽しみのひとつは自転車のフレームやパーツをみたり選んだりする楽しさ。スケートボードもデッキやパーツによって乗り味やトリックのやりやすさは変わってくるのですが、自転車はそれ以上にパーツの魅力が大きいような気がします。

特にフレームは重要なパーツで、鉄の合金、アルミ、カーボンなど素材だけでもいろいろなものがあります。僕が特に気に入っているのは競輪のフレーム。このフレームクロモリという合金が素材になっていて、細く繊細なパイプとラグと言われるフレームをつなぐパーツで作られています。自転車を手にしてからパーツやフレームの構造や作りに興味が湧くようになりました。シンプルなだけにラグの形やロウづけと呼ばれる溶接の仕方などとても奥深いものがあります。

先日初めてその自転車を作っているフレームビルダーの工房でフレーム作りを見学させてもらう事ができました。競輪フレームはその選手にあわせてサイズやフレームの角度を細かく決めていくので全てが手作りなのです。僕たちが乗るフレームがどうやって作られているのかを見学することができました。

フレームを作るビルダーによってその作り方や使うラグ方法はさまざま。こだわりが強くあるんだなという事を知りました。見学させてもらう事でいろいろな事を知ることができました。

今まで塗装が施され、きれいに仕上がった自転車しか見たことがなかったので、どれが手作りでどれがオートメーションで作られたフレームなのか、違いを意識したり見分けたりすることはありませんでした。実際にそれを作る現場を見させてもらったり作り手の話を聞かせてもらえて、さらに自分の自転車に愛着が湧いたのと同時に、人が手で物を作るということを改めて考え直すきっかけにもなりました。手で作られたものにはその人の想いが宿るんだと思います。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.